ライターが聞く!VoYJ事務局メンバーってどんな人?ー第3回 運営部チーフ 小西さんー

インタビュー
+4

<プロフィール>
・あだ名:ゆうか
・出身:広島県
・好きな食べ物:お好み焼き。広島県府中市のアンテナショップでアルバイトしています!
・好きな動物:人間!?
・COVID-19の流行が終わったらやりたいこと:海外旅行したい!ヨーロッパ、アフリカ、東南アジアなどいろんな土地に行ってみたいです!

 

さく:ライターのさくです。今日は、前回の編集部チーフの久保田さんに引き続き、運営部チーフの小西優歌さんの素顔に迫りたいと思っています。よろしくお願いします!

ゆうか:よろしくお願いします!

 

さく:ゆうかさんの最近の趣味について教えてください!

ゆうか:大学生になってからダンスを始めて、ハマっています。ストリート系のLOCKというジャンルです。

 

さく:ゆうかさんの最初の「ボイス(記事)」「難民について『知る』ことはどう大事?」は、難民に関するものですが、昔から国際系に関心はあったのですか?

ゆうか:小学校の道徳の授業で、緒方貞子さんの話を読んで心に残ったことが、最初に国際系に関心をもったきっかけです。それから、国連や難民に興味をもつようになりました。この「ボイス」を執筆する時点では、深く難民について学んでいたわけではなかったので、執筆する時にはすごく悩みましたが、自分が改めて難民について学んだり考えたりするきっかけとなり、とても良かったと思っています。

 

さく:ゆうかさんがVoYJを知ったきっかけを教えてください。

ゆうか:自分が大学に入学したのは、2020年のちょうどCOVID-19が感染拡大して家から出られない時期で、父がVoYJのことをTwitterで見つけてくれました。VoYJのウェブサイトを見てみたら惹き込まれて。一緒に活動したいなと思い、事務局に入りました。

さく:お父さんグッジョブですね!

それでは、運営部のお仕事について聞かせてください!

ゆうか:運営部は主にイベントやWebサイト上の企画を立案・実行しています。

イベントは現在、主に「VoYJ全国ユースおうち会議」を開催しています。過去には、「ユース会議」や「ライター交流会」も実施しました!

Webサイト上の企画は「VoY全国駅伝」「この日なんの日」「あなたの知らない世界」などを運営しています。

今年は、ユースの皆さんにとってより素敵なプラットフォームにするべく、これまでの企画に加え、新たな企画についてもたくさん考えていきます!

 

さく:運営部でやりがいを感じることはありますか?

ゆうか:企画を作り上げるプロセスで、いろんなメンバーと話し、いろんなアイデアが上がってくるときや、それらのアイデアがつながって一つのイベントになっていくときに、ワクワクして楽しいと感じます。実際にイベントを実施するときには、VoYJに関わってくださる素敵なユースの皆さんと、ユースならではの思いを共有して、温かい気持ちになりますし、刺激や元気をもらっています。参加者のみなさんからの「楽しかったです」のひと言が原動力になっています。

 

さく:逆に運営部で難しさを感じることはありますか?

ゆうか:編集部や広報部のように、決まった毎日のタスクがあるわけではなく、イベントや企画を一から作り上げるという違いがあります。現在はオンラインでミーティングをすることが多く、対面でのミーティングと比べた難しさがあるように感じています。

 

さく:ゆうかさんにとってのVoYJとは?

ゆうか:私は、VoYJのいちファンでもあり、VoYJの「ボイス」の書き手や受け取り手としてのユースでもあり、VoYJ事務局に所属するユースでもあります。いろんな人のお話を聞いたり、「ボイス」を読んだりといったVoYJの活動を通じて、VoYJの大切にしている部分が、自分の中に内在化されていっていると感じます。「VoYJの一部が自分でもあるし、自分の一部がVoYJでもある」と感じています。

 

さく:最後に、これからVoYJで「ボイス」を書こうか迷っている読者の方へメッセージをお願いします!

ゆうか:私は、文章を書くことは好きでしたが、SNSで発信するのがあまり得意ではありませんでした。自分の気持ちを改めて言葉にして発信するのは、勇気がいるし、怖いことだと思いますが、VoYJには、ちゃんと想いを受け止めてくれる人がいて、安心してその気持ちを載せることができるプラットフォームだと思っています。自分が紡いだ文章が誰かに届いたり、みんなに見てもらえる形で残るのは、すごく素敵で自分にとっても財産になることだと思います。自分では些細に思うようなことでも、少しでも言葉にしてみたいという気持ちがあれば、是非VoYJに声を寄せてもらえたら嬉しいです。私自身もいち読者として、そういった「ボイス」を心待ちにしています!

さく:ありがとうございました!

これを読んでいる皆さんもVoYJで思いを発信してみませんか?→https://voiceofyouth.jp/ライターへの応募


 

+4