【VoY全国駅伝:京都編】フェスを最大限に楽しもう

VoY全国駅伝
4+

皆さんは「ロックフェスティバル」に行ったことはありますか?

ロックフェスティバルと聞くと多くの人は、いろんな邦ロックバンドが出演している音楽祭というイメージを持つかもしれません。確かに一昔前まではそうでした。

しかし今やロックフェスティバル、通称「フェス」はポップ・アイドル・レゲエなどさまざまなジャンルの音楽を扱うようになってきているのです。

けれどもフェスってなんだか敷居が高い、音楽に詳しくないし…という理由で行く勇気が出ない人も少なくないと思います。

そこで私はフェスの魅力を皆さんに伝え、そしてフェスに行くきっかけを作りたいと思います。

魅力その1「新しい音楽との出会いがある」

これがフェスの一番の魅力だと私は思っています。

そのため普段私たちが聞かないアーティストの曲を聴くことができ、自分の音楽に対する視野を広げることができるようになります。

私を例にとると、以前はオルタナティブロックしか興味がなかったのですが、何度もフェスに行くことでポップやミクスチャーロック、R&Bなど今や多種多様な音楽ジャンルを好んで聞くようになりました。

またさまざまなアーティストを推すことで同志が増え、音楽に関する知識や理解だけでなく、仲間との仲を深めることもできます。

魅力その2「全国おいしい食が楽しめる」

フェスと言えば音楽。その考え方は実は間違っていたのです。

今日のフェスではフード屋台がとても充実しています。どのくらい充実しているのかというと、一日かけてもすべての屋台を回り切れないほどです。

フェスのフード屋台には全国からのご当地料理が出店されます。

そのため現地に行かなければ食べられない珍しい料理も、フェスなら簡単かつ気軽に味わえるのです。

「イナズマフードGP」というものを皆さんはご存知でしょうか。実はこれ滋賀県で毎年9月に開催されている「イナズマロックフェス」への出店権利を争う食のバトルイベントなのです。来場者に選ばれた飲食店のみが出店権利を獲得できるため、毎年各飲食店がアツい食のバトルを繰り広げています。

2018年のイナズマフードGPのサイトを載せておくので興味があったらご覧ください。

http://www.nef.co.jp/inazumafoodgp/2018/

このことから分かるように、今やフェスは音楽だけでなく「食」にも力を入れているのです。

魅力その3「インスタ映え」

「え?どうしてフェスがインスタ映えなの?」と皆さんは思うかもしれません。

では皆さん一旦このサイトを閉じてInstagramを開いて思いつくフェス名(METROCK、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、京都大作戦など)を検索してみてください。

どうでしたか?みんなキラキラしていませんでしたか?

そうなんです。みんなキラキラしているのです。

フェスにはそのフェスごとに映えるオブジェやグッズがたくさんあります。そのため写真を撮れば「インスタ映え」する写真が簡単に撮れるのです。

またInstagramにフェスの様子をポスティングすることで、同じイベントに参加した人とも繋がり、新たなコミュニティを作ることができるようになります。

以上が私の思うフェスの魅力でした。

しかしフェスにはまだまだ語り切れない魅力がたくさんあります。

フェスは全国津々浦々、春夏秋冬行われています。

これを読んで少しでもフェスに興味を持った方、今すぐに自身の近くの地域のフェスを探してみてください。そして勇気を出して参戦してみましょう。

きっと素敵な音楽との出会いがあるはずです。

4+

田舎から京都へ進出してきた、とある大学の一回生。

食べることと寝ることが大好き。

動物も好きだがアレルギー。