COVID-19 Youth Actions ユースに今できること

ボイス
6+

VoYJをご覧の皆さん、変わらずお元気でいらっしゃいますか?

 

世界中にあっという間にコロナウイルスが広まり、大変な状況になってしまいましたね。

この記事をお読みの皆さんの中には、何か自分にできることはないかと考えられている方もいらっしゃると思います。

 

そんな皆さんに、「COVID-19 Youth Actions ユースに今できること」と題して今回の記事をお届けしたいと思います。

 

この記事は、UNICEF本部が運営するVoices of Youthに掲載された記事(https://www.voicesofyouth.org/campaign/take-action-and-help-fight-covid-19)を、より多くの日本のユースの皆さんに届けるため、ライターの横山が日本語訳したものです。

 


 

世界中で、人々は新しいコロナウイルス(COVID-19)から自分自身とその家族を守り、地域社会を支え、感染の拡大を防ぐために必要な対策を講じています。そして、その中ではあなたの助けが重要なのです。

 

多くの皆さんは、世界を子供たちにとってより良い場所にすることに情熱を持っていて、すでにCOVID-19の拡散を防ぐために行動を起こしていることでしょう!

 

世界中の若者の行動に触発されて、UNICEFは、誤報や偏見との戦いに参加し、地域社会の支援と精神を促進するために、誰でもできる行動をまとめました。

 

また、このガイド(英語)を以下のリンクからPDF形式でダウンロードして、あなたのネットワークで共有することもできます。

Unicef_Covid-19_Toolkit_Youth_Action.pdf

 

寄付が可能な方は、COVID-19の影響を受けた最も脆弱な子どもたちを救い、保護するためのキャンペーンを開始したグレタ・トゥンバーグと一緒に、寄付をしてください。このキャンペーンの詳細と支援方法については、こちらのサイトをご覧ください。

 

行動を起こす前に、忘れてはいけないことがあります。

 

✅ 健康第一:いかなる場合でも自分を危険にさらしてはいけません。COVID-19アウトブレイクの間に許可されている活動の種類については、各地で出されているガイダンスに従ってください。精神的な健康に気を配り、可能であれば他の人をサポートしましょう。

 

✅ オンラインでの安全性:オンライン上で攻撃的になったり、荒らしのような行動をとる人がいたら、関わらないようにしましょう。オンライン安全のヒントはこちらをチェックしてください。

 

✅ わからなくても大丈夫です: COVID-19について質問されても、わからない場合は推測して答えないでください。わからないと伝え、UNICEFやWHO、地方自治体に紹介してください。

 

2分以内でできること

UNICEF世界保健機関(WHO)フェイスブックツイッターインスタグラムをフォローして、最新の情報や更新情報を入手しましょう。

 

UNICEFと世界保健機関(WHO)からのソーシャルメディアのメッセージや画像を、あなたのソーシャルメディアのフォロワーや友人とシェアして、正しく信頼できる情報を確認してください。 また、あなたが定期的に訪れているウェブサイトのオンラインフォーラムやコメント欄で、UNICEFの情報へのリンクを共有することもできます。 

 

U-REPORTに登録して、あなたの国の最新情報を入手し、自分の身を守る方法を学びましょう。U-REPORTのCOVID-19情報チャットボットは、COVID-19についての重要な情報を提供しています。

 

5-15分でできること

・あなたのCOVID-19についての知識をテストしませんか。お友達と一緒にUNICEFのクイズに挑戦してみましょう。

 

あなたの体験談やクリエイティブなコンテンツを「Voices of Youth」でシェアし、ツイッターをフォローしてください。 

 

・チュートリアルをする:自宅にいても安全にできる技術や趣味(ダンス、料理、詩、フィットネス、アート)があれば、それをオンラインで友達と共有して、その日の気分を明るくすることもできます。 

 

・ソーシャルメディアでライブ中継をして、正しい手洗いの方法を紹介したり、物理的な距離を置くことの重要性について話したりしましょう。他の人と共有する前に、正しい情報を持っていることを確認しましょう – UNICEFのウェブサイトで多くのリソースを見つけることができます。また、COVID-19に関しての健康と安全を促進したり、人々の気持ちを盛り上げたりするために、地域や世界各地で行われているソーシャルメディアでのチャレンジに参加してもいいでしょう。   

 

・家族が誤った情報を共有していたり、差別的・外国人嫌いのコメントをしているのを対面で、ソーシャルメディアで、あるいは家族のSNSグループであっても、見たり聞いたりしたときは介入する。 その方法を以下に記します。

 

誤報や差別を広めている人がいた場合の対処法

家族や友人が誤った情報を広めている場合の対処法
  1. 最初に個人的にアプローチすることをお勧めします。公な場でない方が、受け入れられやすくなります。

 

  1. 彼らが誤った情報を広めていると非難しないでください。代わりに、彼らが共有した話やアドバイスが信頼できるソースから引用したように見えないこと、またはそれが正確ではないかもしれないことを指摘してください。

 

  1. UNICEFや世界保健機関のような信頼できる情報源を紹介し、最新かつ正確な情報を得るために、これらの組織に従うように促してください。

 

家族や友人が差別的なことを言っている場合の対処法
  1. もう一度言いますが、最初に個人的にアプローチしてください – 対面、またはダイレクトメッセージで。公な場でない方が、受け入れられやすくなります。

 

  1. ウイルスは誰にでも影響を与える可能性があり、これは特定のグループの人々の話ではないことを指摘する。

 

  1. ある集団を特定して、その集団をウイルスのせいにすることは、非常に深刻な結果をもたらす可能性があることを指摘する。

 

  1. このような時には、たとえ怖くても、お互いに支え合い、優しさと思いやりの心を育む必要があることを思い出させる。

 

15分以上でできること

・家族と話す:家族全員に、手洗いと衛生の重要性、物理的な距離感、最新の最も信頼できる情報がどこで得られるかを知ってもらう。同居していない家族や、信頼できるニュースソースを定期的に入手できない家族がいる場合は、電話をかけてみましょう。特に、高齢者やその他の弱い立場にある人には、特に当てはまります。

 

・学習と遊びの支援:学校が閉鎖されている場合、学習と遊びの活動で若い兄弟や家族を支援できるかどうかを調べる。

 

・勉強のパートナーになる:学校や大学が閉鎖になった場合、学習や遊びの活動を助けることができます。学校や大学が閉鎖された場合は、友人や友人のグループと(バーチャルで)チームを組んで、一緒に勉強したり、教材を使ってお互いを助け合ったりしましょう。

 

・コミュニティスピリット:この困難な時期に連帯とサポートを示すために、あなたの友人、家族、または隣人とリモートまたはバーチャルな活動を整理します。

 

・コミュニティのニーズ:もしコミュニティグループに所属している場合は、コミュニティのメンバーがこの時期にどのように感じているか、彼らのニーズは何か、彼らが何を心配しているかを理解するために一緒に行動してみてください。既存のコミュニティグループに所属していない場合は、どのグループがすでに何かをしているかを調べてみましょう。その際には、安全を確保し、他の人との接触を避けることを忘れないでください。

 


 

いかがでしたでしょうか?

皆さんもよかったらご紹介したアクションに挑戦してみてください!

 

そして、もしよかったら、ボイス・オブ・ユース JAPANに皆さんの体験をお寄せください。皆さんからの応募をお待ちしております。https://voiceofyouth.jp/ライターへの応募

 

皆さん、どうかご無事で!

 

UNICEF RESOURCES ON COVID-19

MENTAL HEALTH RESOURCES

 


 

6+