【童話】パン屋のもっちーさん

ボイス
+5

 

小さな町の一角に、クリーム色の、かわいらしいお店があります。パン職人のもっちーさんが営む、「もっちーのパン屋」です。星くずを散りばめた「きらきらメロンパン」、わたぐもをねりこんだ「もくもく食パン」。すてきなパンがいっぱいなので、世界中からお客さんがやってきます。

もっちーさんは毎日大忙し。朝早く起きて準備をし、パン生地をこねはじめます。夜も、仕込みとパンの勉強を欠かしません。

「もっとおいしいパンをたくさん作って、お客さんに喜んでもらうんだ」

もっちーさんはいつもそう言っていました。

 

ある朝のことです。いつものように厨房に立ったもっちーさんは、大変なことに気がつきました。

「なんてことだろう! パンの作り方がわからなくなってしまった!」

あわててノートを取り出して、レシピを書き出してみます。材料と分量はよし。生地のこね方と寝かせ方も大丈夫。焼き方も焼き加減も、しっかり覚えています。

「ううん。いったい何を忘れてしまったんだろう。全部覚えているはずなのに、どうしてもいつものパンが作れない……」

朝日が顔を出し、もうすぐ開店の時間になります。もっちーさんはお店のドアに「本日お休みします」と紙をはって、しょんぼりと自分の部屋に戻りました。

 

しかし、次の日になっても、もっちーさんはパンの作り方がわからないままでした。レシピを見ながら作ろうとするのですが、どうしてもうまくいきません。次の日も、その次の日も、お店はお休みになってしまいました。

「どうしよう。パンを焼けないパン屋さんなんて。もうお店をやめてしまおうか……」

ため息をついたちょうどそのとき、とんとん、と戸をたたく音が聞こえました。

ドアを開けると、よくおばあさんとおつかいに来る、にこちゃんが立っていました。

「ごめんね、にこちゃん。もうお店はやっていないんだよ」

もっちーさんがあやまると、にこちゃんは悲しそうな顔をしました。

「おばあちゃんが病気になっちゃって、ここのパンをおみまいに持っていきたいの」

「それは大変だ! おいしいパンを食べて、早く元気になってもらわなきゃ! ……でもパンを作れなくなっちゃって、どうしよう?」

もっちーさんは、はっと息をのみました。

「そうだ! 作れないだけで、材料もレシピもわかるんだ。教えてあげるから、にこちゃんが作ってみないかい?」

ふたりは、おそろいのコック帽をかぶって、厨房に入りました。まず、小麦粉をふるいにかけてさらさらの粉にします。それから、バターや卵と一緒に、しっかり混ぜていきます。

「おいしくなあれって、心を込めて混ぜてあげてね」

「うん! おいしくなあれ、おいしくなあれ」

にこちゃんが一生懸命となえます。もっちーさんも声をあわせていました。

生地を寝かせたら、今度はちぎってまるめます。

「おいしくなあれ、おいしくなあれ」

指先からふたりの心が伝わって、パン生地はほんのりピンク色に染まりました。

「わあ! あったかい、きれいな色!」

「ふふふ。パンが喜んでいるんだよ」

もっちーさんの心もはずみました。

「さあ、焼いていくよ! それ!」

熱々の石窯は危ないので、もっちーさんがパンを入れます。炎がぱちぱち音を立て、お店の中いっぱいに、あまずっぱい香りが広がります。

「うわあ、いいにおい」

ふたたび石窯を開けると、中のパンは、ハートの形にふくらんでいました。にこちゃんがチョコレートで顔を描いたら、元気が出る「にこにこパン」の完成です!

「わーい、いただきまーす!」

さっそく、焼きたてのパンをほおばります。なんておいしいんでしょう。ふたりは顔を見合わせてにっこりしました。かめばかむほど、幸せな気持ちが広がり、体の奥から元気がわいてきます。「もっちーのパン屋」らしい、すばらしい味でした。

「もっちーさんありがとう! おばあちゃんに届けてくるね!」

「気をつけていってらっしゃい。またおいで」

もっちーさんは、手を振って、にこちゃんを見送りました。それから、ドアにはっていた紙をはがしました。

「にこちゃん、大事なことを思い出させてくれて、ありがとう」

見上げた空には、にこにこパンの形をした雲がひとつ、浮かんでいました。


 

+5