【後編】インタビューシリーズNo.2 UNICEF本部 ケイト・パウェルチャイクさん

インタビュー
8+

かつて、故郷南アフリカ共和国のユニセフ事務所で勤務し、現在は、本部でボイス・オブ・ユース(Voices of Youth)の運営も担当されているケイトさんに書面インタビューを実施しました。

前編、後編の2回にわたってお届けするケイトさんのインタビュー。前編に続いて、後編の今回は【ケイトさん自身のキャリア、若者へのメッセージ】です。

 

– Can you tell us your career both in South Africa and in New York.

南アフリカとニューヨークでのキャリアについて教えてください。

Working in South Africa was very special because it is my home and so there’s an extra level of urgency that you feel when it comes to the challenges, and an extra level of joy you feel when there is a major positive development for children. In New York however I get to work with colleagues and youth from all around the world and this is special in a different way. I am so inspired to see people working so hard for children’s rights and the future of our planet in so many different contexts; that we have this common vision we are working towards no matter where we are from.

南アフリカは自分の故郷であるので、そこで働くことは特別でした。それが故に難題に直面した時はいつにも増して危機感を覚えましたし、子供たちのためになる仕事が大きく進展した時は特別な喜びを感じました。

ニューヨークでは、世界中から来た同僚や若者たちと働く機会があり、また別の意味で特別であると感じています。

子供の権利や私たちの住む地球の将来のために大変幅広い分野で熱心に働く方々に、私はとても感銘を受けています。私たちは出身に関係なく、共通の理想を持って働いているのです。

– What is the most impressive job you have done so far?

これまでで最も印象的な仕事は何ですか?

I think one of the most challenging (and impressive for me) has been working on the rebuild of Voices of Youth this year. We’ll be launching a completely revamped site in a few weeks and I couldn’t be more excited. However, working on this project was often challenging as I do not have a background in web design or development. But on the positive side I feel that I have gained so much knowledge about this work that I didn’t have before and in a just a short pace of time we’ll have an amazing new site.

私にとって最も挑戦的な(そして印象的な)仕事の一つは、今年VoYの再構築に取り組んできたことです。近いうちに大きく改良したVoYのサイトを立ち上げる予定で、とても楽しみです。

私はウェブデザインや開発については知識を持っていなかったため、このプロジェクトに関わることは困難の連続でした。一方この仕事を通してよかったことは、多くの知識を得ることができたことです。もう間もなく、すばらしい新サイトを立ち上げることができます。

 

– What is your goal now?

これからの目標は何ですか?

This is a very exciting time to be working at UNICEF when you’re a youth engagement specialist. With the launch of Generation Unlimited in September there is so much excitement and resources being dedicated to adolescents and youth. My goal is to build on the successes we’ve had so far and to help take this work to a new level to deliver on the vision of Generation Unlimited.

若者の社会進出のためにユニセフで働く私にとって、今はとても魅力的な時です。 9月に立ち上げた「Generation Unlimited」では、多くの期待と支援が若者に向けられました。私の目標は今回の成功を基盤にして、この仕事を新しい段階に進め、Generation Unlimitedの理想を実現することです。

 

– Will you give some messages to young people in Japan? (who are often said to be shy)

一般的にシャイと言われている日本の若者にメッセージをいただけますか?

Don’t ever think that your action don’t matter. Yes, it is almost impossible for one person to change the entire world, but the collective actions of millions are what really counts and how change happens. And don’t forget the huge impact you can have on the people around you. There are so many young people around the world who may be going through difficult times and making them feel included, being kind, those are ways in which any of you can have a big impact. I know it may sound a little simplistic but I really think the world could do with a lot more kindness – to ourselves, to each other, to our planet.

あなた自身の行動に大きな力はないとは考えないでください。確かに、一人で世界全体を変えることはほとんど不可能ですが、何百万もの行動が集まれば本当に意味のあるものとなり、その行動によって変化が訪れます。そして、あなたが周りの人々に与えることができる影響の大きさを忘れないでください。今も苦しい状況にある若者が世界にはたくさんいます。彼ら彼女らを置き去りにせず、親切に接することで、皆さんは、それぞれ大きな影響を与えることができます。少し単純なことのように聞こえるかもしれませんが、自分自身や周りの人、地球にもっと優しくできれば、世界はきっと良くなると、私は信じています。

VoYJ創設メンバーらに対してアドバイスを送るKateさん。

Kate Pawelczyk

She works with UNICEF’s global Division of Communication, with a focus on engaging adolescents and young people. She previously worked in UNICEF’s South Africa Country Office, and came to New York in 2012 to work on digital youth engagement and Voices of Youth – UNICEF’s global online community for young people.

 

8+

VoYJ 広報・運営部員。東京大学在籍。アメリカ・ミシガン育ち。都市環境を勉強しつつロードバイクを乗り回すサイクリスト。