イタリア体験記

ボイス
+2

昨年の夏、人生で初めて海外に行きました!

と言っても1人で行く勇気はなく、大学の国際研修に申し込んでイタリアへ🇮🇹

「絶対にまた行きたい!」と思うような素敵な国だったので、その旅の一部をみなさんにご紹介します!

 

1日目

ドバイ経由でローマに到着!そこからバスで2〜3時間ほどかけてソンマ・ヴェスヴィアーナという小さな町の宿泊施設へ。

窓から見える町の雰囲気が素敵。

2日目

朝からポンペイの見学!この研修に参加することを決めたきっかけがその春に開催されていた「ポンペイ展」だったので、とても楽しみにしていました。

ポンペイの遺跡といえば(なのかは分かりませんが)、犬!

「遺跡だから」と言ってしまえばそれまでですが、生活の跡がそこかしこに残っていて、ここで人が生きていたのだという感動がありました。

次にナポリへ。


国立考古学博物館で、彫刻やモザイク画などを見学!

本物がちょうど日本へ出向いていてレプリカが飾ってあるという、ある意味で貴重な展示を目にしました。

3・4日目

この研修の主たる目的である発掘体験。

思った以上の肉体労働…。ですが、とても楽しかったです!


5日目

念願のローマへ!

先生方の解説を聞きながら、ローマの街を歩きまくりました!

 

冒頭にも載せたパンテオン。


ローマの松。

ローマの噴水。(祭りは見ることができず…。)

ご飯も美味しかったです!


6日目

再び発掘。


休憩時間には、美味しいご飯とお菓子を食べさせていただきました。


7日目

ソンマの中心街で行われたワークショップにて、今回の研修を振り返りました。

私は富士山と災害考古学に触れた発表を行いました。

発掘を行っているソンマの遺跡も、ポンペイの遺跡も、火山の噴火で埋まったものです。そこに埋まっている物に目を向けられることが多いですが、その火山災害そのものについても考古学の研究対象です。災害対策を鍵に昔と今を繋げる災害考古学を今回の研修で知り、魅力を感じました。それは、私の出身が、南海トラフ地震と富士山噴火の危険があるとされる静岡県の出身だからです。遠いソンマと自分の故郷がつながったような感覚がありました。

 

ご褒美のケーキ!

8日目

ナポリ空港からドバイ経由で日本へ。

ナポリ空港のジェラート、とっても美味しかったです!

とても楽しい日々でした!食べ物も美味しく、気候も程よく、言語もなんとな〜くローマ字読みで対応できました。一人でも行けそうな気がしているので、絶対にもう一度行きたいです!

 

日本に帰ってきてみて不思議だなあと思うのが、あんなにも遠くに、確かに知っている場所があるということです。実際一人でソンマで生きていけるのかと言われたら難しいとは思うのですが、日々の生活が辛くなったときに、遠いソンマを思い出すと、逃げ場があるような気がします。たった一週間過ごしただけですが…(笑)。

 

10代のうちに海外に行くのが目標だったので、叶えることができてよかったです。

皆さんの海外体験記もぜひお聞かせください!


+2