ドビュッシー:ベルガマスク組曲 〜喜びと幸せに満ちた芸術の記録〜

キセツノトピック
+6

ベルガマスク組曲は、フランスの作曲家、ドビュッシーの比較的初期のピアノ作品で、4曲から構成されています。私にとっては、恩師と一から作り上げ、ハクジュホールでの演奏会出演という夢を叶えた、大切な大切なレパートリーです。

 

「ベルガマスク組曲、絶対に利佳ちゃんに似合うと思うわ。」

コンサート出演のチャンスが舞い込んできたのは、本番の半年ほど前。先生の一言に背中を押され、組曲全体をステージで演奏するという大きな挑戦が始まりました。点字楽譜から一つ一つの音を読み取り、ドビュッシーが譜面に埋め込んだ魅力的な音楽を形にしていく時間は、まるで宝探しのよう。恩師が手取り足取り伝えてくださった、指先や身体の使い方、空間の感じ方と作り方…。それらを一つ一つ習得することで、譜面に託された感情の機微と無数に広がる表現の世界が、少しずつ目の前に広がっていきました。

 

こちらは2021年6月、コンサートのライブ録音。大学での学業の傍ら、尊敬する先生の下でピアノを学び続けられる喜び、最高の音響空間で、心から愛する音楽を共有できる幸せに満ちた「時の芸術」の記録をお届けします。

 

組曲の第3曲は、ドビュッシーの作品の中でも最も有名であろう、「月の光」。その作曲にインスピレーションを与えたとされる、ポール・ヴェルレーヌの詩には、次のような美しい一節があります。

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver, les oiseaux dans les arbres…..

悲しく、美しく、密やかに照らす月の光は
樹々の中の小鳥たちを夢にいざなう

––Paul Verlaine (1869). “Clair de lune”より

 

それぞれ異なる美しさを持つ4曲。私の思いと恩師のエッセンスが詰まった音楽で、皆様をドビュッシーのカラフルな世界へご案内できますように。




+6