私の聞こえの世界

VoY全国駅伝
10+

聴覚過敏って知ってますか?

最近、テレビなどで取り上げられることが増えてきたので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

 

私は聴覚過敏なんです。この病気に幼い頃から悩まされ続けています。

 

ただ、一口に聴覚過敏といっても、苦手な音や、音に対してどの程度敏感なのかは個人によって大きく違います。私の場合、苦手な音は数えきれないほどありますが、簡単に説明すると、花火などの爆発音やサイレンなどの大きな音、大人数の講義のような人が多い空間が非常に苦手です。

 

私生活でも支障を感じることがあります。たとえば、スーパーに買い物に行った時には、他の人の声や物音をシャットアウトすることができず、頭の中でいろんな音が混ざるのでストレスに感じますし、大学の講義中に聞こえるどれだけ小さい音であっても、響いて大きく聞こえる感覚に陥るので、他の人より講義に集中できないこともしばしばです。また、救急車などのサイレンを近くで聞いた時なんかは、耳がつんざかれるような感覚になって、ひどい場合はパニックをおこしてしまいます。

 

しかし、そんな私でも外出ができるのは、ヘッドホンやイヤホンのおかげなんです。ある程度苦手な音をカットすることができ、いつも助けられています。私の生活必需品であるヘッドホンですが、聴覚過敏の症状がさらに酷い方であれば、会話中にさえつけていることがあります。

 

しかし目には見えない病気ということもあり周りからはなかなか理解されず、常識にかける人だと誤解されてしまうことが少なくない、という現状があるのです。最近では、自分が聴覚過敏であることを知らせるマークができて、それをヘッドホンにつけることによって少しずつ社会の理解が広がってきているものの、まだ状況は十分に改善されていないと私は思います。実際、このマークつきのヘッドホンを着用している人が電車で話しかけられた際に、「なぜヘッドホンを外さないんだ!」と非難されている光景を目にしたことがありました。

だから、この記事を読んでいる皆さんには、ぜひ聴覚過敏を知らせるマークを知って欲しいので、以下に共有しておきます。

http://www.ishiimark.com/symbol_usapin.html

私が望むことはただ1つ。聴覚過敏の人が周りにいるのであれば、本人にどんな音が苦手なのかを尋ねて下さい。そして、苦手な音が鳴る前に、教えてあげてください。そうしてくれるだけで、涙が出るほど嬉しいです。あなたの小さな思いやりが、きっと聴覚過敏に悩む人を救います。 


 

10+