人生のレール

VoY全国駅伝
6+

みなさんの人生のレールはどのようなものでしょうか?


私は義務教育を終え普通に高校に進学し、普通に大学に進学しました。いや、大学に進学する際は人生で1番悩みました。自分の夢への一歩がちょうどその時踏み始められそうだったのです。

しかし、それがいわゆる「普通」でないことに恐怖を感じ、私は「普通」を選んで大学に進学しました。

 

私は大学に入学する前から留学したいと考えていました。しかしいざ入学すると、留学の手続きの面倒臭さや、周りの友達との繋がりで留学への意欲が薄れていきました。

留学はしたいけれど留学なんてみんながする事ではなく、ましてや大方の人は大学卒業後すぐに就職するわけで。「周りと1年遅れて就活するの怖いな…。留学を夢物語で終わらせてる人なんて周りにもいるし、もう留学考えるのやめようかな」とも考えました。

 

しかし、3年生になりいよいよ進路を考えたとき、私は卒業後絶対留学すると決めました。

 

こんなに「普通」しか選択せず考えられなかった自分がこのように決意できたのには、一つの大きな考えの変化があります。それは

 

『ネガティブに考えようと思えばいくらでもネガティブに考えられるし、ポジティブに考えようと思えばいくらでもポジティブに考えられる』

 

という事です。

 

周りと違う「普通」ではないことに挑戦した時、その意欲と同時に、不安などネガティブな考えも出てくると思います。なんなら後者の方が気持ち的に勝ってしまうと思います。しかしよく考えたら両方とも「まだ起こってないあくまで想像のこと」なのです。

それを思ったとき「想像でさえ明るく考えられないってアホらしい!だってそんなネガティブな事望んでないじゃん!」と思いました。ネガティブな考えを否定しているわけではありません。ただそれがあるならば、そうじゃない方もある。という単純な考えです。

 

上手くまとめれずすごく薄い内容になってしまいましたが、私本人が一番、自分という人間がこのような考えをできるようになった事に驚きを感じていて、成長も感じます。

人生のレールが今見える一本だけではないと思います。まだ見えぬレールを開拓することだってできるし、そこにある不安はあくまで想像なのです。レールをまっすぐ進まなかったぐらいでは人は死にません(笑)

 

もし未来のことで悩んでいる人がいて、この記事を読んで少しでも何か良い影響を与えれたならば幸いです。


 

6+

山梨県在住。20歳。まだまだ若いかな。年齢は数でしかない!