【童話】壁おくんの冒険

ボイス
6+

トントントン! トントントン!

ある住宅街に、また一軒、家が建とうとしている。大工さんや、家に住む予定の家族は、朝から大忙し!

「ここが土地です。」

「わー、いいところ!」

 

 そんな中、一人、考え込んでいる壁がいた。名前は壁お。そう、この童話の主人公ね。

「僕って、この家の壁になるの? まだ、世の中のことも、壁の役割も、何も知らないのに!?」

 

 そうして、思い立った壁おは、一人、逃げ出し、旅に出た!

「さあ、僕は、いろんな壁に会いに行くぞー。」

 

 

「さて、どこに行こうかな。」

てくてく、ぴょんぴょん。

「あ、学校がある。あそこの壁に会いに行こう!」

 

 学校の壁に歩み寄り、観察してみた。

「おー、小学生のボール遊びで、ボールが当たって、痛そうー! あれ、虫なんて止まっちゃって。」

 

「次は、駅へ行こう! へえ、壁を仕切りに、駅の中と外が分かれてるんだなあ。壁に紙がいろいろ貼ってあるけど、みんな大体、素通りじゃん! 待ち合わせには使われるみたいだね。うーん、駅の壁って寂しそう。」

 

「お、こんなところに空き家があるぞ。うわー、つただらけ!なんかお化け出そう!」

 

てくてく、てくてく。

「壁ってなんだか、大変そう。壁なんて、誰にも構ってもらえないんだろうな。どうせ。そんな壁の運命なんて……。僕は、やっぱり、壁になりたくない!」

  

「おーい、おーい。」

誰かが後ろから呼んでいる。振り返ると、さっきの空き家の壁だった。

「君は誰? どうしてそんなに浮かない顔をしているの?」

「壁おです。」

壁おは下を向いて答えた。

「ぼくはこれから家の壁になるんだけど、壁って大変そうだし、つまらなそうなんだもん。」

「よしよし。壁おくん。壁ってなかなか楽しいぞ。つたのおしゃれもできるし、夜になるとおばけたちが面白い話をしにくるよ。」

空き家の壁は嗄れた声でこう言った!

「意外と壁って良いもの?」

てくてく、てくてく。

「ああ楽しいさ。」

びっくりして顔を上げる。

「毎日、たくさんの人を行ってらっしゃいと見送って、お帰りなさいと迎えるんだよ。意識されないけど、みんなきっと気がついているさ。」

にっこり笑って壁おを見下ろしているのはさっきの駅の壁。

「そうなのかあ。壁って悪くないのかも……。」

てくてく、ぴょんぴょん。

「そうさ。子どもたちはぼくに落書きしたりボールをぶつけたりしながら成長して行くんだ。ぼくが見守っているんだもの。みんな安心して遊べる。」

「そうさ、壁があるからわたしたちも安心して休めるのよ。」

学校の壁と、止まっていた虫たちが壁おにウインクした。

「そうか、壁って本当は大切なんだね。いろんな役割があるんだね。」

ぴょんぴょん、ぴょんぴょん。

壁おは家に戻って、しゃんと胸を張って立った。

「さあて、ぼくはどんな壁になろうかなあ。あれ、声がするぞ。」

引っ越してきた家族たちが、歓声をあげながら壁おを見つめているよ。

「ねえ、なんかこの壁、笑っているみたいに見えない?」

『もちろんさ、みんなを笑顔にする壁になるんだから!』

壁おはすまし顔をしながら、心の中でそうつぶやいていた。


 

6+