VoYJとは

若者の皆さんに質問です。
あなたは自分の自由な思いを発信する機会がありますか。逆に、自分と同年代の若者の飾らない思いを受け取る機会がありますか。

大人の皆さんに質問です。
あなたは若者の実際の思いに触れる機会がありますか。

この質問に自信を持ってYesと答えられる人は少ないのではないかと思います。仲の良い友人や家族に自分の思いを正直に伝えるのはなんだか恥ずかしいし、改めて言う機会もない。SNSではものすごい速さでタイムラインが流れていきます。

日々いろんなことを考えていても、埋もれてしまう「声」は多いのではないかと思います。

また、いつも自分が生活をしているコミュニティ内の限られた意見だけではなく、時には新鮮で新しい意見に触れることは、刺激にもなりますし、楽しいことです。

「ボイス・オブ・ユース JAPAN」(VoYJ)では若者の自由な考え方で形作られた思いや実際の「声」を掲載しています。難しいことはありません。若者の皆さんは自分の思いを自由に書いて「声」として発信すれば良いし、読者の皆さんはその「声」を純粋に楽しんでもらえれば良いのです。

 

VoYJは、学生によって構成された事務局を中心に、UNICEF東京事務所、日本ユニセフ協会と協同しながら運営しています。

若者たちが自分の思いを綴る記事のほか、UNICEFや国連職員の方へのインタビュー、イベントの開催のお知らせなど様々な情報を載せていきたいと思っています。

また、ある一定の世代や地域に偏ったものではなく、あらゆる世代、あらゆる地域からの「声」に触れることができるウェブプラットフォームにしていきたいと考えています。

VoYJでは、それぞれの投稿にコメントを添えることもできますが、掲載者への敬意を失わないようお願いします。それでは、自由に、楽しんでください。